« 【佐賀出張】切符いろいろ | トップページ

2015/12/23

【通過信号機】宿題を片付けました

2009年9月13日に、「通過信号機」という記事をエントリーしました。その後2012年5月にコメントで通過手信号様より、概念図の通過信号機の現示が間違っているのでは?とご指摘をいただきました。それから6年、ず~っと気になりつつもほったらかしていましたが、先日やっと現地で確認してきました。

その結果がこれです。


 

 
先のエントリーのコメント欄で「通過手信号」様の御指摘の通り、「場内R+通過Y」現示を確認いたしましたので、ここに前記事を訂正します。
 
よって通過信号機現示の概念図は下図のようになります。
Tsuka Teishi
 
通過手信号様によると、「腕木式の場合は駅員が出発・場内・通過・遠方の順に信号テコを引いていました。」とのことですので、どうやらそのまま自動信号機に置き換えたものと思われます。ということは運転司令室のパネルにもテコがあるのでしょうか。
ただしf54560zg様によると「遠方信号機の場合は、色灯化の際にてこを廃止して完全に場内信号機に従属する「中継信号機」化された」とありますので、遠方信号機は単純な従属信号機に、通過信号機は一定の条件がついた従属信号機となったものと思われます。
 
3年前に出された宿題をようやく片付けました。遅くなって申し訳ありません。

|

« 【佐賀出張】切符いろいろ | トップページ

コメント

通過手信号さま。コメントありがとうございます。
宿題をいただいておりながら、回答を長々と引き伸ばしてしまい、申し訳ありませんでした。

このたび現地を訪問し、コンデジの動画モードを使って撮影してきたのが本文の動画です。
動画にある通過信号機の動作については、通過手信号さまのおっしゃるとおりの現示であることを確認し、今回の訂正記事とした次第です。
実は動画にはありませんが、通過列車が来る数分前には「場内R・通過Y・出発R」が「場内G・通過G・出発G」に変化する現示も目撃しております。

恥ずかしながら私自身、連動装置とか鎖錠とかに対する知識がほとんどありませんので、信号装置と実際の現示の関連等について解説することができません。今回の記事内容から考えられる事柄について簡単にでもご説明いただければ大変助かります。


>「遠方信号機だけは従属信号機となったものと思われます」とありますが、元の記事に書かれている「遠方信号機や中継信号機と同じ従属信号機の部類に属します」は別に間違っていないと思います。

そうですね。通過信号機はあくまで従属信号機なので本文の訂正をいたします。

今回、推測での記事についてご指摘いただき感謝しております。また、検証や事実確認の大切さについても痛感いたしました。
現地での確認までに時間をかけすぎたことなどについては言葉もありません。
反省の上、礎としたいと思います。

投稿: ashiwodi | 2016/01/02 22:22

お久し振りです。通過手信号です。現地での確認、実現したんですね。お疲れさまでした。
2012年の5月に、腕木式の現示から推測して「『通過G』になるのは『場内G』の時しかあり得ないはずなのですが…」と書いたところ、f54560zgさんから「色灯式の場合は独立したてこを持たず、単に出発信号機の現示を中継するだけのものになっている可能性が高いと思うのですが」とのコメントがありました。
f54560zgさんのサイトにも柘植・清川・能町のような例がありますが、紀勢本線でも1960年代後半に交換設備が作られた三木里・大曽根浦・相可には色灯式の通過信号機が設けられていました。
当時はいつも急行紀州に乗った側から見ていただけで、駅の連動装置や実際に「通過進行」とする手順は見たことがなかったので、「これは一度現地で確認してみたいと思います。…宿題とします」の結果がどうなるのかがずっと気になっていました。
以来たびたび見に来ていましたが、今日ついにその答を見ることが出来て大変満足しています。
その間に色々調べていると次のような記述を見つけました。
「通過信号機は、その主体の信号機及び通過信号機と同一柱又は同一地点に設けてある場内信号機に進行信号を現示する以前に進行信号を現示しないこと」
だとすると、てこがあるかないかの問題ではなく電気的な鎖錠関係が設けられているのかも…、とか考えながら「宿題」の記事が出るのを待っていました。
今回映像で実際の現示の推移まで見せていただき、非常にすっきりしました。ありがとうございました。

追伸 「遠方信号機だけは従属信号機となったものと思われます」とありますが、元の記事に書かれている「遠方信号機や中継信号機と同じ従属信号機の部類に属します」は別に間違っていないと思います。
通過信号機は「出発信号機に従属して、出発信号機の現示を予告する」もので、背面板の形から分るように色灯式でも従属信号機であることに変りはありません。ただ「出発が進行であっても、場内が進行でない限り通過に進行は出ない」ような構造が付加されていることが、通過列車の方の映像で『場内R』になると同時に『通過Y』になることから確認できます。

投稿: 通過手信号 | 2015/12/31 16:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542430/62535977

この記事へのトラックバック一覧です: 【通過信号機】宿題を片付けました:

« 【佐賀出張】切符いろいろ | トップページ